プロフィール

さくらぱんだ

Author:さくらぱんだ
 ヒロセ通商を使って20,000円からFX取引を開始しました。日々の成長をご覧下さい!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おしらせんでん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
              

FXは誰でも勝てる!

 久しぶりにブログを復活して、細々と取引を始めました。
数千円を片手に1000通貨でちまちまと、です。
 だから「3万円への道」ですよ。
 スタートが7,000円だから4倍にしないといけない。ある意味大変な作業ですよ。
しかし、失敗しても損失は7,000まで。実際には必要証拠金もあるわけで、ほとんど損失は出せない、ということです。

 あ、今ユーロ円をショートでエントリーしていますが、含み損状態。きっとそのうち、ロスカットされて終了でしょう。
ブログを書いていて言うのもなんですが、取引、下手なんですよね・・・


  と、まあさておき、ここからが本題ですが、FXはチャレンジすれば必ず勝てます!!

 極端な話、丁半バクチだから。円安か円高か。この2択なわけです。
チャートを見ずに買い、売りのどちらかでエントリーすれば五分五分なわけです。
ま、明らかに指標発表があったとか世の中の趨勢を除けば、の話ですが。

 しかし、世の大半の人はFXで負けてしまう。その理由は・・・
 「ルールが守れない」から。

 ただ、これだけ。勝てる方法があるのならば、それをただ守り抜くだけ。
それができないからどこかで敗北を喫する。ならば負けなければいいだけの話なのです。

 「負ける」とはどういうことか?
単純に考えると収益よりも損失が大きい状況をいうのでしょう。
 それは結果であって、負けたことにはもっと根本的な理由があるはずなのです。
一番の大きな理由は「継続性」。
 勝ち負けを回数で捉えてしまっているのです。一番短い場合になら勝敗の合計数=取引回数となるのではないでしょうか?
もう少し広げて「1日あたりの収支」、もう少し広げて「1週間での収支」となるのではないでしょうか。

 瞬間的にロスカットする→この損失を取り返したい→考えなしにエントリーして傷口を広げる

 こんなパターンが多くありませんか?

 せっかく自分なりの「勝利の方程式」を作ったはずなのにそれを活かしきれずに負けてしまう。
そんなもったいないことをやっているわけです。
 一定期間取引をみて、収支がマイナスになる場合が多い、それはもしルールが守られているのであれば、
その「戦略」自体に問題があるわけです。
 戦略に問題があるのか、その戦略を使いこなせていないのか、それを明確にすることが大事なのです。
 

 FX取引を野球に置き換えてみて、みなさんは「監督」になってみましょう。
勝っていても、負けていても、精一杯理論的に采配しないと、その時点でチームは崩壊です。
ペナントレース、全勝しないと負けですか?最終的に一番勝率のよかったチームが優勝です。
 道中、多少負けてもいいんです。一定の期間において、トータルで収支が浮いていればそれで勝ちなのです。

 まず、私が決めたルールがあります。
・取引通貨
 正直、どの通貨でもかまわないと思います。ドル円は取引量が多いとはいうものの、タイミングによっては最も荒い動きをする通貨です。マイナー通貨はスプレッドが広くなりがちなので、短期的な取引には向いていないと思われます。

 ルールに設定していること、それは「連続して同じ通貨では取引しない」ということ。
理由は3つあります。

1.ロスカットした場合にドデンで取引して傷口を広げてしまう
 FX取引で、すべて自分の予想通りに動くのであれば全勝です。
しかし、実際にはそんなことはありません。
 となれば人間心理として逆方向にエントリーすれば、今の損失を取り返せるとなるわけです。
為替というのは振り子のようなもので、動いた分、元の方向へ戻ろうとする力が働きます。
 つまり、損失を出した時点で方向転換することは損失を倍に膨らませることになりかねないのです。

2.そもそも何も考えていない
 さらに言えば、ロスカット→反対売買の流れの中では分析が何もなされていません。
取り返したい気持ちしかありません。
 FX取引において、エントリーするまでの戦略があるはずです。
その戦略分析をしたのでしょうか?改めて思い返してみてください。ほとんど感情的に動いてますよね。
これでは勝てることもあるとは思いますが、勝率が下がってしまいます。
 
3.気持ちの切り替え
 なので、1取引が終了したら、違う通貨でのエントリーを考えるわけです。
そうすることで、再度冷静にチャート分析ができるようになります。

 通貨を変えることで分析のやり直しが必要になりますから、エントリーにワンクッション置くことができます。
この時間が大事なのです。
 私は原則としてこの取引方法を心がけています。


 ということは、連続して同じ通貨で取引する、という例外のパターンもあるわけですが、それについてはまた後日。
スポンサーサイト
              

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。